風都ノリのお仕事情報&雑談ブログ 
※ブログ上の文章・画像はすべて転載禁止です
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< あすか8月号発売されております&松アンソロ | main | 本日あすか10月号発売です >>
あすか9月号にご隠居8話が掲載されております

またも発売してから大分経ってからの更新ですみません

ツイッターの更新の方がリアタイなので右のウィジェットが

大活躍となってるブログです…

8月号は英と朱(父親同伴)のデート回からの櫂の元親友との再会話でした。


↑のサムネ以降のサンプルはこちら↓

https://twitter.com/kazanori901/status/757163585877401600

今月の24日前後発売のあすか10月号には

ご隠居魔王第9回34ページ掲載されております。

そして今月26日には第2巻が発売されます!

どうぞよろしくお願い致します。

 

次号からは魔界突入で、朱くんが大分恋する男子で

お父さんがしばらく出番減少なので(多分)

お笑い担当が王子ちゃん&ユノになりそうです

 

王子ちゃん呼びは、ペダルの真波&坂道くん好きの方が

温かなご隠居の感想を毎回下さるのですが

(いつも有難うございます;;)

そう呼んでくれるのでツボってしまいました

確かに王子ちゃんだ…!

本名はあるのですが機会があれば出したいです

 

あと今までたくさん御世話になった担当様と

お別れとなり(いっぱいご迷惑をおかけしましたが、

作品にたくさんの有難うを込めて頑張りたいです!)

新しい担当様とお仕事をさせて頂くことになりました

作品制作に関わって下さる方々に感謝の気持ちを込めながら

少しでも楽しんで頂けるよう頑張ります

 

 

不安はたくさんあります。

昔このブログでも触れたのですが…長年ネットストーカーに

あってまして…最近そのストーカーさんがまた

知り合いの作家様の書評を荒らし回っていたとか

小耳に挟み、そのページを見てしまって

相変わらずでガッカリでした。

でもネット被害はともあれ、

自分ができることは作品を頑張ることしかできないので

そこは変わらないです。

 

そのネットストーカーに10年以上、自宅を盗聴されております。

最初は絵描き知り合い二人が「私、盗聴されてる」「不正アクセスやハッキングされてる」

って私に相談をしてきた所から始まりました。

当時、私や相談受けていた側の人たちも「被害妄想じゃ…?」と思ってました。

大抵の人は同じ風に思うではないのでしょうか。

 

動画を見ていたら、なぜかそこに自分へのメッセージがかかれる

見ているWEBページが相手にもわかる等。

今は反省してます。

数年後、私も同じネットストーカーから同じ被害にあってるとは

想像してなかったよ。

 

たこ焼きを食べながらツイッターやってたら

いきなり知らないアカから「たこ焼き美味しい?」ってリプが

飛んでくる。もちろんたこ焼き食べてるなんて呟いてない。

赤いミッフィーの部屋着

(所詮、部屋着なのでミッフィーなのはつっこなまいで)

を着ていたら「赤い…ミッフィー」とリプがくる。

こういうことが日常茶飯事でした。

盗聴とか盗撮とかハッキングとか丸っきり信じてない人間だったので

こんなことが続いても半年位は「いや、まさか…」って信じきれてなかったです。

信じきれないというよりも、最初に相談してきた二人を否定した手前

信じたくなかったのかもしれない。

 

今振り返ると、彼女達の話をちゃんと聞いていたら良かったなと後悔してます。

その人達は絵の世界から離れてゆきました。

 

結局、構って欲しいから、家族の会話とか日常とか自分が盗聴してることを

教えてくるのですよね

 

「家の鍵かけたっけ?」とかうちの母が「あのネットストーカーを

呪ってやりたい」といえば

「家の鍵かけたかなー?」「人を呪えば穴ふたつだもんなーw」で返してくる

10年以上も同じことをやってるので

ネットで荒らす時もなりすます時も巧妙で

人格の使い分けも上手いのですよね。そりゃ10年以上もやってきたわけで

上手くなるわけで。

でも本当、律儀というか…時間がたっぷりないとできない。

私だったら1日で飽きることを10年以上やってるので

本当にこういうことが好きで好きで好きなんだろうなって。

 

でも一番相手が反応するのは、私が商業をやってることに対してです

彼女も絵描きですから。

特定できているのは警察に家族全員で足を運んだからです。

全然違う人を犯人だと想定していたので当時はびっくりしました。

 

大体こういうのは身近な人が犯人だった…というのが

パターンなのでしょうが、私の場合は同人時代に知り合った人でした。

リスカ画像を送ってきたり「ノリちゃんと家族になりたい」

といってきてたのがきっと彼女からのSNSだったのだろうなと。

でも当時、私は恐くて逃げてしまいました。

ここのブログを見て下さった、彼女の元知り合いの方々からも

メールを頂くことがありました。

中には私と同じく彼女から逃げた人もおりました。

10年以上経った今もいえることは

「彼女は一生変わらない」ということです

 

普段は物静かで大人しい人でした…

ネットでの口汚い言葉遣いとか

書評サイトでの悪意や人格使い分けとかもう本当に別人。

何よりハッキング技術がすごいなって感心してしまう。

すごい技術の男性と知り合ったという話を小耳に挟みつつ

ホワイトハッカーやブラックハッカーのコンテストが

あるというのはそちら関係から聞いたことあるのですが

自分がこういう経験をしてないと漫画の世界としか

思えないだろうなかったなって。

 

マルウェアでパソコン経由でパソコンや外部機器故障どころか、

盗聴盗撮もできちゃう

相当な技術がいると思うのですが

最近はスマホでも出来るらしいですね。

スカイプ盗聴はしょっちゅうされてたので

こういう経験もいつか漫画の役に立たないかなーなんて

思ってたりします

スポンサーサイト